スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

売買ポイントのヒント!グランビルの法則

どうも純也です


今回は【グランビルの法則】についてです



前回の【移動平均線(moving average)】でお話しましたが

グランビルの法則は移動平均線の状態と価格の動きを参考に

売買のタイミングを判断する八つの法則です



では実際にどのような法則なのか簡単に説明します



 グランビルの八つの法則



買いの法則


 移動平均線が下降から横ばいに転じ価格が移動平均線を下から上へ突き抜けた時

 移動平均線が上昇中に一度移動平均線を割り込むが再び反転した時

 移動平均線が上昇中に価格が移動平均線より上にあって

   リトレースして移動平均線まで近づき反転した時

 移動平均線が下降中に価格が下方向に大きく乖離した時




売りの法則


 移動平均線の上昇が横ばいに転じ価格が移動平均線を上から下へ突き抜けた時

 移動平均線が下降中に一度移動平均線を上抜けるが再び下落した時

 移動平均線が下降中に価格が移動平均線より下にあって

  戻りが移動平均線まで近づき反転した時

 移動平均線が上昇中に価格が上方向に大きく乖離した時



 以上 

八つの法則ですが

言葉で説明するよりも画像を見れば理解し易いと思います




グランビル




どうでしょうか?



グランビルの法則の移動平均線はSMA200での法則ですが

他のMAでもエントリータイミングを計る時のロジックとして

取り入れる事が出来ると思います(実際に使っています)



エントリーのタイミングを計る時は

単純で良いので明確なルールを決めておくと迷いなく入れると思います



ただしこのロジックはあくまでもタイミングを計る為のルールであって

全ての場面で機能する訳ではありません


優位性のある場面の絞り込みが出来た上で

最終的なタイミングを計る時に使う道具の一つです



まずは手に入れた一つの道具を使いこなせる様になりましょう



それではコツコツ頑張っていきましょう

    ありがとうございました





FX・サラリーマン投資家 ブログランキングへ





関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。